2009年03月24日

薬は毒!?

病院に勤めていると、
飲んでいる薬が10種類を超える患者さんをよく見かけます。
しかも、その薬を何年にもわたって飲み続けている患者さんです。
お医者さんが処方する薬だから、
と安心して飲んでいるんでしょう。
でも、それでいいのでしょうか。

私は薬剤師の免許も持っていますから、
薬についても全くの素人ではありません。
その私があえていいたいことですが、

『薬は毒』なんです。

睡眠薬を多量に飲むと自殺できます。
筋弛緩剤を間違えて投与されて患者さんが死んだ事故もありましたよね。
西洋医学の薬は、体の機能をむりやり変えるものがほとんどですから、量を間違えると命に関わります。
少量でも長期的に使用すると体の中のバランスを崩してしまうんです。

西洋医学の薬がすべて悪いとはいいません。
急激に起こった変化に体が対応できないとき、
薬で必要な反応を無理やり起こして治すことができます。
急に高熱が出たときに使う解熱剤などは、
体力を消耗しないようにするという意味では効果的です。

でも、基本的に西洋医学は急性の病気には強いのですが、
慢性の病気については弱いのです。


動脈硬化で血管の弾力がなくなったりして高血圧になっている人に、血圧をむりやり下げる薬を使いますが、根本的な動脈硬化を治してはいないので、今度は心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなったりします。
薬で無理やり体を改造しても、いいことはひとつもないんです。
薬をたくさん飲んでいる人に、幸せそうな人はいませんよね。

病気をいっぱい持っているから、というかもしれませんが、
たくさんの薬がさらに体の機能のバランスを崩し、
病気を招いている可能性があるんです。
『老人の場合、薬を止めるとたいてい元気になる』
と言う先生もいるくらいです。

急に起こった病気ならともかく、
薬を何年も飲み続けるようなことは、
基本的には体によくありません。

人間も動物の1種ですから、自然治癒力があるんです。
薬は、その治癒力を妨害していることが多いんです。


自然治癒力を高めるためには、体に有害なものは避け、
体にいいことをしなければなりません。
薬をたくさん飲んでいる人は、薬を飲んでいることに安心して、
自分から体にいいことをしている人は少ないです。
でも、薬は長期的に飲むと体に有害なのです。
薬をたくさん飲んでいる人は、
普通の人よりもっと体にいいことをしないといけないんです。

体にいいこと、というと、
きちんとした食事と適度な運動、
という答えが返ってきますが、

きちんとした食事ってどんな食事? 適度な運動って何?

と聴くと、ほとんどの人がしどろもどろになってしまいます。
でも、エンジェビティ社に縁があった皆様は、
『きちんとした食事』について知っていますよね。
ミネラルをはじめとする必須栄養素を正しく摂取すること、
狂った油といわれるトランス脂肪酸(マーガリンやサラダ油、高温に熱した油などです)を避けること、酵素を適度に補給することなど、エンジェビティ社は栄養の最先端の知識を教えています。


エンジェビティ社とのご縁から3年、

現在では我が家は薬が全く必要ではなくなりました。

私は、同年齢の人たちよりずっと健康で若いと思っています。
皆様も正しい食生活で、薬と縁がない生活をしませんか? 

この10年で、家計に占める割合が増加している項目の第1位が医療費、薬代です。
医療に使うお金を、ぜひ正しい食事にかけてほしいと思います。
薬を飲む必要がない健康な体を、自分で作っていきましょう。

今日も読んでくださってありがとうございます。
皆様の健康と幸福を心から祈っています。
posted by わたさん at 13:45| Comment(55) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

白砂糖は命を縮めます!!

皆さんは、甘いものが好きですか?

私も甘いものは大好きです。
でも、本当にときどきしか食べません。
白砂糖の害を知っているからです。
家では茶色のきび砂糖を使いますし、市販のお菓子の買い置きはありません。

白砂糖は、毒だと思っています。

白砂糖を造るとき、いろいろな方法で不純物を取り除きます。
ミネラル、ビタミンなどの栄養素があるとべたつくので、さらさらした砂糖にするために、栄養素を取り除いてしまいます。
そして、真白に仕上げる為に漂白したりします。
栄養素を取り除き、薬品などで処理をするので、化学製品といえますよね。
化学製品である白砂糖を、普通の人は食品として何の疑いもなく料理に使っていますが、これは愛情こもった手料理に薬品をまぶしているようなものなんです。

白砂糖は、その消化吸収のためにビタミンやミネラルを多量に使います。
ですから、砂糖の取りすぎは、これらのミネラル、ビタミンの欠乏状態を引き起こします。ミネラルの中で、特にカルシウムを多量に使うんです。

「カルシウムが足りないとイライラする」と聞いたことはありませんか?
白砂糖をたくさん摂ると、カルシウムが体の中から消費されて、イライラしやすい人になってしまいます。
ビタミンの中では、ビタミンB群を使うんですが、そのビタミンも神経機能の調和に不可欠なんです。
精神病の原因に、砂糖の取りすぎを挙げている学者もいるんですよ。

白砂糖の害を挙げだしたらきりがありません。
消化機能の抑制や、白血球の機能低下など、体のあちこちで困ったことを引き起こしますが、薬品であることを考えれば、ある程度納得できるのではないでしょうか。

今、糖尿病の増加が言われていますが、それと関連して低血糖症状も増えているんです。これも白砂糖の害の一つです。

白砂糖はブドウ糖そのもので、他には何も入っていませんから、吸収がものすごく早いんです。
急激に血糖値が上昇しますから、体も急に反応しようとして、インスリンを多量に分泌してしまいます。
それで、血糖が下がりすぎ、低血糖になってしまいます。

低血糖の症状は人によって様々ですが、体のだるさ、頭重感、冷や汗、動悸という身体症状とともに、イライラ感、怒りっぽい、考えがまとまらない、生あくびなどの症状も出ます。

お腹がすくとイライラする、とか、怒りっぽくなる、とかは、実は低血糖の症状なんです。低血糖は、ひどくなると意識がなくなることもあります。意識がなくなるくらいの低血糖は、甘い飲み物を空腹時に多量に飲んだときにおこりやすく、「ペットボトル症候群」と呼ばれたりします。
白砂糖がたくさん溶けている甘い清涼飲料水をがぶ飲みすると、吸収があまりに早いためにインスリンが急激に放出され血糖値が下がりすぎ、意識がなくなるんです。怖いと思いませんか?

白砂糖は安価ですから、市販のパンやお菓子、飲み物に多量に含まれています。
チョコレートは、それだけでは絶対食べられないような苦いカカオを、大量の白砂糖で食べられるようにしているものです(カカオ99%のチョコレートなんて、食べられたものではないですよ)。

毒の塊といってもいい食べ物なんです。

スーパーでお菓子を多量に買って食べている人は、要注意ですよ。
10年後、太って病気がちになって、怒りっぽくなっていたいですか? それを望む人はいませんよね。

だからといって、「私も白砂糖を絶対食べるな!!」とはいいません。
現代の生活では、それは不可能に近いと思っています。

体に悪いことは、無理のない範囲で減らしていき、その分体にいいことをすればいいんです。


我が家でも、誕生日にはチョコレートと白砂糖の塊のケーキを食べたりします。バレンタインデーには、私も家族にチョコレートをあげました。
でも、その次の日には野菜や果物をたくさん食べますし、ミネラルも多めに飲みます。

普段の日に、必要以上にケーキやジュース、お菓子やパンなどは食べません。
買い置きのお菓子やジュースはありませんし、子どもが「お腹すいたー」と言ってくると、「ごはんを食べなさい」といいます。最近では、二人の娘は何も言わずに、夕方お腹がすくと、ごはんにふりかけで食べるか、りんごを丸かじりするか、果物を切って食べるか、ということをしているようです。

皆さんも、できる範囲から、白砂糖を減らしてみてください。
きっと、いろいろな変化が出るはずですよ。

皆様の健康をいつも祈っています。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。
心からの感謝を込めて。
posted by わたさん at 11:07| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

腹筋、背筋などの筋肉を育てましょう

最近、若い子たちの姿勢が気になっています。
「最近の若者は・・・」と言い出したら、おばさんの証拠ですね(笑)。
でも、自分の子どもたちも含めて、きちんと「気をつけ」「れい」
ができない子が多いように思うのは、気のせいでしょうか?

姿勢、というのは、その人の生き方が現れている、と最近思うようになりました。
背筋を伸ばすと気持ちまでしゃっきりしますよね。
お腹に力を入れて引っ込めると、気持ちも引き締まりますよね。

世の中で、かっこいい人たちは、みんな姿勢がいいんです。


年末に本屋さんで、「きくち体操」の本が平積みされていて、表紙に載っている74歳の菊池和子さんの姿勢とスタイルの素晴らしさに驚嘆しました。
早速きくち体操を実践している感化されやすい私ですが、

菊池先生の考え方にはエンジェビティ社の理念に通じるものがあるのです。


きくち体操では、

「筋肉は、鍛えるものではなく育てるもの。心を込めてしっかり育てましょう。」

「あなたの体があなた自身。きちんと生きるために、あなたが自分で自分をよくしていくしかない。きちんと生きるために、最後まで筋肉を動かし続けよう。」

という考えがあります。

「自分の体は、自分で責任をもってよくしていく」
ものだという考え方が同じなのです。


エンジェビティ社の植物ミネラルやその他のサプリメントで、
必要な栄養を賢く摂ることができるようになった私たちですが、
筋肉については意識して育てていく必要があります。

特に、姿勢を司っている筋肉は、生き方につながってくると私は考えます。
速く走れなくてもいいけれど、かっこよく生きたいから、私は筋肉を育てようと思っています。

姿勢を司る筋肉の中で、腹筋と背筋は最重要です。

腹筋が弱くなると、内臓が全部下垂し、そのために代謝も悪くなり、
便秘などのいろいろな不調が出てきます。
背筋は、首につながっていますから、背筋が弱くなると肩こりや頭痛につながります。

毎日寝る前にほんのちょっとストレッチをしてみてください。
気分がよくなり、寝つきもよく、深い睡眠がとれます。
私は決まったやり方がなかったのできくち体操をしていますが、腹筋と背筋をバランスよく育てることができれば、どんな体操やストレッチでもいいと思います。

普段何もしていない人は、2,3日で自分の変化に気づくと思います。
自分の変化を意識しながら、がんばっている自分を愛しながら、楽しく筋肉を育てましょう。

今日も、読んでくださってありがとうございます。
いつも皆様を応援しています。
posted by わたさん at 13:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

冬こそ感じるミネラルの威力

寒くなってきましたね。
木々も色あせ、町並みもどことなく寒々とみえます。
周囲で、風邪やインフルエンザの話がよく聞こえてきますし、
病院も患者さんが増えてきました。

冬は、働く母親にとっては、子どもの病気で急に休まなければならなくなったりする嫌な季節なんです。
特に、年末の忙しい時期に子どもが熱でも出すと大変です。
職場の人がどういう対応であっても、真面目な日本人は、
つい周囲への気兼ねを感じ、罪悪感を感じてしまうものです。
病気がちの子どもであれば、なおさらですよね。



私も、長女の子育ての時は大変でした。
喘息持ちで、風邪もひきやすく、保育園からのお迎えの依頼がしょっちゅうでした。
午前中の電話で迎えに行き、病院に連れて行った後、
車で1時間くらいの実家に預け、仕事に戻る、ということもやりました。
喘息で入院したときには、病院から仕事に出て、昼休みに病院に行き、
午後の仕事をこなし、夕方から病院に行って泊まる、ということもしました。
上司や同僚、後輩に仕事をお願いするたびに、
健康な子どもであればどんなにいいだろう、と思ったものでした。
冬が近づくと、憂鬱になったものでした。


子どもたちの話題も、この頃、「○○ちゃんが、お休みだったよ。」とか、
「××ちゃんが、嘔吐下痢症だって。」とか、病気の話が増えています。
小児科を通りかかると、マスクをつけた子どもや、
毛布に包まれてぐったりしている子どもを見かけますよね。

それが、現在の我が家では本当に人事です。
3歳の息子は、ミネラルっ子で、朝晩自分から

「ミネラルちょうだい!!」

といって飲むような子です。
お蔭様で、

3年間病気で休んだことはありません。

上の二人の娘たちも今では元気溌剌で、「入院したこともあるんだよ」というと、びっくりされます。
この間、真ん中の娘が「のどが痛くて、頭が痛い」と言い出したので、
風邪のひき始めだと思いプラミンを多めに飲ませ、
ミネラルりんごを食べさせたのですが、次の日にはケロッとして学校に行きました。

本当に、小児科いらずの我が家になりました。



夏は、みんな元気で、ミネラルの効果はあまり感じないかもしれません。
でも、冬になると、ミネラルを飲んでいるかどうかで、
健康に過ごせるかどうかが大きく違ってきます。

風邪はみんながひくものだから、と軽く考えないでください。
たかが風邪、であっても、家族の中に病人がいるのといないのとでは、
全く雰囲気が違います。

ミネラルを飲んでいると、風邪をひきにくくなりますし、
かかっても治りが早いです。


冬だから病気をしても仕方がない、と考えるのはやめましょう。
冬でも病気にならない身体を手に入れましょう。
植物性ミネラルは、そのための基本です!!! 
植物性ミネラルで、元気に冬を越しましょう!!!


今日も、読んでくださって、ありがとうございます。
心からの感謝を込めて。
皆様に、すべてのよきことが、なだれのごとく起きます!!!
posted by わたさん at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

小さな目標

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、エンジェビティ社の医学顧問として活動をはじめ、このようなブログも書かせていただき、皆様とつながることができ、本当に幸せな一年でした。
読んでくださっている皆様、支えてくださる皆様のおかげです。
心から感謝しています。ありがとうございます。

2009年になってもう16日、皆様はいかがお過ごしですか?
今年の目標に向かって、前進していますか?

昨年末のブログで、「大人も大きな夢を持ちましょう」と書きました。
大きな夢は、一生の夢でいいと思います。
今の自分が考える一生の夢です。

もちろん生きていることは変化することですから、夢も変わっていいと思いますが、いつでも何か夢に向かっていきましょう。


でも、大きな夢を見ているだけでは不十分です。
『夢見る人』で終わってはいけません。

その夢に近づくためには、小さな目標を立てる必要があります。
1年、1ヶ月、1週間、1日という短い単位で目標を立てるのです。
この目標は、ちょっとがんばれば実現できることにしましょう。
そして、それが実現したイメージを細かく思い浮かべ、嬉しい気持ちを先取りしてしまいましょう。
すると、努力が苦痛ではなくなります。
とくに、毎日の目標はとても小さい目標にして、毎日を成功した幸せの日にしましょう。


それから、大事なことを一つ教えます。


『目標は人には言わない』

ことです。

これは、石井裕之さんが教えてくれているのですが、その理由は二つあります。


一つは、周りの人が目標達成を妨げるのを防ぐためです。

例えば、あなたが『禁煙する!』という目標を立て、友人たちにそれを話したとしたら、どうなるでしょう。

「そんなこと、無理無理!」
といったり、

「それなら、協力するよ!」
といったり、

反応は様々でしょうが、どちらにしても、その人がいろいろと関係してくるのは確かです。
その人の潜在意識は、あなたが変わるのを歓迎してはいませんから、無意識に邪魔をしてくる可能性が高いです。
それは、その人の無意識でやっていることですから、全く悪意はないのです。
だからこそ、困ります。これが一つ目の理由です。


二つ目の理由は、人間は『言わない』と決めると逆に言いたくなり、目標を人に話すためには目標を達成するしかなくなるので、目標達成が早くなるというしくみが働くからです。

例えば、あなたが

『1ヶ月で3kg痩せる!』

という目標を立てたとしましょう。

いい目標ですよね。つい、言いたくなりますよね。
でも、『達成するまで誰にも言わない』ということも一緒に決めると、言いたいのに言えないジレンマが生じます。
このジレンマを解消するには、3kg痩せるしかない、ということになり、がんばることができるんです。

とてもいいしくみでしょう?


私も今年の目標は決めていて、そのために毎日すこしずつ実行中ですが、ここでは言わないことにしますね。
本当は言いたいんですが(笑)。
きっと今年の年末には達成したことを報告できると思います。

皆様もぜひ、2009年を目標を持って明るく元気に過ごしてくださいね。
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
いつも皆様の健康と幸せを祈っています。
posted by わたさん at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

大人も大きな夢を持ちましょう

今日はクリスマスですね。
昨夜は大好きな人たちと素敵な時間を過ごした人が多いのではないでしょうか。
今夜、そんな時間を予定している人もいらっしゃるでしょうね。
クリスマスは本来日本のイベントではないですが、明るく幸せなイベントなので私は大好きなんです。
皆さんは、いかがですか?


さて、一昨日の23日は、子ども達が通っている"七田チャイルドアカデミー小城大和教室"のクリスマス会でした。
この教室にはもう8年お世話になっていて、ここのおかげで子どもたちは元気で素直に成長し、私も親として人間として成長し、我が家にはなくてはならない存在なんです。
言葉にはできないくらい感謝している素晴らしい教室です。

その教室が毎年催してくださっているクリスマス会ですが、去年から“ただ楽しいクリスマス会”ではなく、“先生方が子どもたちにメッセージや想いを伝える会”になっています。

今年のメッセージは、

「夢や希望を持って生きていこう」

ということでした。

皆さんには、夢や希望はありますか?


変化の激しい現代、私たち大人はついていくのに必死で、忙しさに追われ、子どもの頃に確かにもっていただろう夢や希望を忘れているように感じます。
でも、それでいいのでしょうか。
七田チャイルドアカデミー小城大和教室の先生方は、

「夢や希望は、生きるエネルギーなんだよ!」

と教えてくださいました。

今の若い世代は、「将来を期待できない」と考えている人が多い気がします。
やる気の見えない若者をみて、私たちは「今の若者は・・」と批判したりしますが、子どもや若者は、親や社会を素直な目で見つめ続けています。

私たちは、子どもたちが、

「大人ってかっこいい! 早く大人になりたい!!」

と思えるような大人でしょうか? 

若い世代に夢を持ってそれに向かって生きることの大切さ、素晴らしさを伝えているでしょうか? 
そんなことを考えさせられた一日でした。


会の中で、10年後の夢を書いて神様にお願いし、タイムカプセルに入れる時間がありました。
親も子も、10年後の夢を書くのです。
私はしばらく考えていましたが、子どもたちは、

「明るく優しい大人になる!」

とか、

「人に優しく親切にして、みんなに笑顔をみせたい!」

とか、
あっさりと書いてのけました。
親である私の方が、夢が小さいのです。
いつの間に、子どもたちがこんなことを考えるように成長していたのか、と思います。
先生方が、日々のレッスンで子どもたちに伝えてくださっていることが、子どもたちの中でこんなにも大きく輝く夢になっているのか、と本当にありがたく感謝しました。

親が子に負けているわけにはいきません。私も、大きな夢を持って生きたいと思います。


私の夢は、

「栄養の大切さを伝えて、感謝の心と笑顔で人を癒す!!」

です。
小さな夢ではありませんよね。
生きている間にどれだけのことができるのかもわかりません。
でも、やりがいのある大きな夢です。
一生をかけられる夢です。
ワラック博士の「世の中を変えよう!」も、大きな夢ですよね。
大きな夢を持って伝えているから、ワラック博士の言葉は心に伝わってくるのです。

誰でも、自分らしい夢があるはずです。
七田チャイルドアカデミー小城大和教室の先生方は、自分たちの夢は、「子どもたちのために自分ができる限りのことをすること。
自分も成長しその姿を子どもたちにみせること。」とおっしゃっていました。
そして、その夢に向かって、日々努力されています。

皆さんも、もう一度自分の夢を思い出してみてください。
大きな夢を描いてみてください。
後に続く子どもたちに、夢を持って元気に生きる姿を見せてください。
ミネラルで元気になった皆さんなら、きっとできます!! 


2008年も残りわずかです。私にとって、2008年は皆様とつながることができた幸せな素晴らしい年でした。
ありがとうございます。
2009年は、もっと幸せになれるように、夢に向かって前進したいと思っています。
皆様も、大きな夢を描き、それに向かって一緒に前進していきましょう。

1年間の心からの感謝を込めて。
ありがとうございます。
posted by わたさん at 13:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

なんで人は生まれてきたと思う?

今日は、私が愛読しているメルマガ

「3秒でHappy? 名言セラピーby天才コピーライター」

からの引用ではじめます。
以下が、その引用です。

「なぁ、せんせー、なんで人は生まれてきたと思う?」
担任している2年生の男の子が急にそう聞いてきました。

なんで人は生まれてきたのか?

なんで人は生まれてきたのか?

「なんで?」
と私は逆に男の子に聞き返しました。

すると、その子は

「思い出をつくるためだよー!」

と、無邪気に答えて走っていきました。

たった一言だったんですが、ほっこりしました。
なんかいいなー って。


    というわけで……3秒セラピー♪
  本気で生きた時間は全部ステキな思い出!
   


いいことも悪いことも、みんな人生で一度しか起きない大事な思い出。

こんなメルマガの記事でした。

みなさんは、どのように感じましたか?

今日の出来事も一生に一度の大事な思い出になります。
いい思い出になるように、楽しく過ごしてくださいね。

こんないいことを教えてくださった男の子とその担任の先生に感謝・・・(合掌)。
ありがとうございます。

posted by わたさん at 15:41| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

パリッと美味しい!! ミネラルりんご

11月25日から販売開始となったミネラルりんごですが、アナタはもう注文しました? 

まだ食べたことがない、というアナタ!
是非、だまされたと思って注文して食べてみてください。
これが本物の味だと感動しますよ。

先日の福山のグランドアカデミーでも試食コーナーがあって、そのときもとても好評だったのですが、家で食べてみると改めてその美味しさに感激しました。


まず、包丁を入れたときの感触が違うんです。

その辺に出回っているりんごよりずっと堅くてしっかりしています。
細胞の一つひとつに張りがあるんでしょうね。
切られるのを嫌がっているような感触でした。

それをがんばって二つに割ると、その途端、
甘い香りが部屋中に広がるんです。


我が家では、農薬の心配がほとんどないりんごはできるだけ皮がついた状態で食べるので、芯だけとって食卓へ出します。
そのそばから、夫や子どもたちが手を出して、私より先に食べるんです(ずるいですよね)。

すると、いつもの「シャクッ!」という音ではなく、

「パリッ!!」

という音がして、


その後、夫の「旨い!!!」という一言!! 


少しその味を味わう間があって、

「これ何?」

という言葉がその次に続きました。


3歳の息子は、その意味を解さず、あっさり

「りんごだよ。」と・・・。

大爆笑がその後に続き、幸せな一家団欒を過ごしました。


結局、ミネラルで育てたものを初めて生で食べた夫が、一番感動したようでした。


これまで経験してきたりんごの味と全然違うからです。


子どもたちは「美味しい」としか言いませんでしたが、やっぱり正直で、3人ともガツガツと出すそばから争うように食べました。
4人の大食漢に囲まれて、私自身は台所で切りながら食べることになりましたが、美味しい本物のりんごを囲んで、平凡だけど貴重な家族の時間を過ごすことができました。


本物の力ってすごいですよ!!


お値段の方は、正直安くはありませんよね。
1個あたり400円弱ですから、高級果物のお値段になります。
でも、その味に対しては、私は安いと感じました。
こんなに美味しいりんごを作ってくださった方々へのお礼として、ありがとうの気持ちで支払える値段だと思います。
日持ちも、涼しいところにおいておくと1ヶ月くらいは余裕で持つそうですから、


ぜひアナタも試してみてはいかがですか。
「百聞は一見にしかず」ですよ。




私自身は、今年のお歳暮をほとんどこのミネラルりんごにしようと思っています。

私たち家族がお世話になっている方々に、本物の味で健康になっていただきたいからです。

誰もが夫のように感動するでしょう。


数量限定らしいので、私はこれから注文します。
ぐずぐずしているとなくなってしまいますからね(笑)。


植物ミネラルの力の素晴らしさを、心から実感できるミネラルりんご。生産者の葛西さん、一戸さん、その方々を支援している(株)五光社長圓山源作さん、エンジェビティ社の方々、たくさんの方々の想いが形になったりんごです。
いよいよ12月になり、2008年も終わりに近づいていますが、ぜひその締めくくりの時期を元気に幸せに過ごすために、アナタに味わっていただきたいと思っています。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
植物ミネラルをはじめ、エンジェビティ社の商品で、今年も幸せに締めくくりましょう。

アナタを心から応援しています。


posted by わたさん at 09:54| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

心にいい栄養を与えましょう

このブログを読んでくださっている方は、健康にとても関心がある方ばかりだと思います。
エンジェビティの信念は、身体と心とお財布の健康ですね。
植物性ミネラルや酵素、必須脂肪酸など、エンジェビティ社の製品は、みなさまの身体の健康をまず創ります。
植物性ミネラルを植物やペットなどに与えると、すごくいい結果が出ますよね。とにかく、この世の生物の細胞にはミネラルが必須で、それを補給すると細胞が元気になるのはみなさん実感していることでしょう。

でも、植物ミネラルを飲んでもあまりいい結果を感じることができず、いろいろな理由をつけて止めていく方も多数いらっしゃいます。

植物やペットのように結果が出ないのは、人間には脳があるからだと私は考えます。脳が、今までの習慣や考え方を司っていて、その考え方で無意識に判断してしまっているのです。例えば、ダイエットに失敗し続けている人が、「どうせこれも上手くいかないだろう」と無意識に考えてしまうことで、植物ミネラルの効果を感じないようにさせていたりするのです。人間の行動は、97%が無意識で行われているらしく、今までの考え方がとにかく否定的な人は、「どうせ効果がないだろう」と考えて効果をなくしてしまっていたりするのです。

医学の世界では、時に「プラセボ(偽薬)」を使ったりするのですが、これは、お医者さんがもっともらしい顔で「これを飲むとよく眠れますよ」というと、それが胃薬でも患者さんが寝てしまう、という現象を利用しています。

人間というものは、思い込んだらそのとおりになってしまう性質があるのです。

『太っている人は、自分が太っていると思っていて、いつも体重のことを考えている、だから、脳が太っていいと考えて、太ってしまう』

ということが言われています。自分がいつも考えているとおりに、人間はなっていくそうです。


心の栄養は、考えや心構えなど、普段心に浮かべていることです。

否定的な考えは、心にとって悪い栄養となって、心の不健康につながります。愚痴っぽい人、心配性の人などは、心に悪い栄養ばかり与えているので、どんどん心が不健康になって、悪循環に陥ります。

それとは反対に、前向きで明るい考え方の人は、心にいい栄養を与えているので、どんどん心が健康になってきます。

身体と心が健康になると、お金についても適切に使うことができ、お財布の健康につながっていきます。


植物性ミネラルで身体の健康を手に入れた人は、自分の心の健康についても考えてください。


いい栄養は、感謝の気持ちや楽しい気持ち、嬉しい気持ちです。前向きに取り組む心構えなどです。人を許す気持ちなどもいい栄養です。

身体と心とお財布と、どの健康が欠けても人は幸せにはなれません。
そして、3つはお互いに強調して健康になっていきますので、バランスよく健康になっていく方がいいのです。
3つのいい循環を生み出しましょう。


今日一日を精一杯楽しく嬉しく感謝して過ごすこと、これが心のいい栄養です。
心がけてみれば、ほんの小さいことや当たり前のことでも楽しく嬉しいのです。


例えば、今日朝ごはんを食べましたよね。世界には、食べるものがない人の方が多いのです。何の心配もなく朝ごはんを食べられることは嬉しいことです。家族がいる人はそれだけでも恵まれていますよね。仕事をしている人は、どんなに仕事に不満を持っていても、仕事がないよりは嬉しいことです。自分の持ち物を見てみましょう。一つひとつのものについて、欲しくても買えない人がいることを想像してみてください。いろいろなものに囲まれている私たちは、幸せだと思いませんか?

毎日、心にいい栄養を与えて生きていきましょう。
そして、それができたら、今度は周りの人に、それを教えてあげましょう。私たちは人との関わりの中で生きていますから、周りの人の健康が私たちの喜びになります。

今日も、読んでくださってありがとうございます。
皆様に、心から感謝しています。
ありがとうございます。
posted by わたさん at 15:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

お金を本当に大事なことに使いましょう。


先日のグランドアカデミーで、「幸せの基本は健康」で、「健康は資産です!!」という話をしました。

目にみえる資産については、人任せにしないですよね。
それと同じように、健康も人任せにしないようにしましょう、と強調しました。

ところで、「資産、財産」と聞いてまず考えるのは「お金」ですよね。

「お金持ちになりたい」というのは、人間の共通の願いではないでしょうか。
私自身、そう願っているので、お金については今いろんな本を読み、勉強している最中です。

その中で、よく出てくることなのですが、お金の使い道には、

「消費」「浪費」「投資」

の3つがある、ということです。

今日、食べるものを買う、とか、日々の生活に必要なお金が「消費」です。
「浪費」は、無駄にお金を使うことです。
このふたつは、手に入れたもので分けるのではなく、その人の必要性や使い方でわけるのです。例えば、ブランド物のバッグを買うのでも、その機能やデザインでその人の生活に必要であれば消費ですし、テレビなどのコマーシャルにつられて、とか、単にブランド品が欲しい、という理由で買えば浪費になります。安い豆腐でも、美味しく食べれば消費ですし、期限切れで捨てるのであれば浪費なんです。
消費は必要ですが、浪費は限りなく減らすべきです。

それよりも、もっと重要なお金の使い方が「投資」です。

「投資」と聞くと、株とか、今流行のFXとかを思い浮かべる人が多いでしょうが、
お金の使い方の「投資」とは、
将来お金を生み出す方向に向かう使い方のことです。


そして、その見返りが一番大きくなるものが「自己投資」なのだそうです。

自分を向上させるために使うお金を使うと、将来何倍にもなって返ってくるそうです。
成功してきた人の本を読むと、みな、よく本を買って読み、自分より優れた人と話す機会にお金を使っています。そして、健康にも時間やお金を使っています。自分を健康に保ち、向上させることが将来お金を生むことをよく知っているのです。

皆さんは、病気になると、どれだけ生産性が落ちるか、考えたことがありますか? 
例えば、糖尿病になったとします。放っておくと、腎不全で週3回透析になります。失明します。そうすると、働けませんから収入はありません。医療費はかかります。高血圧から脳卒中で、右半身麻痺になったとします。もちろん働けません。リハビリや介護費用はかかります。家族も介護等で働けなくなりますから、さらに収入は下がります。精神的にも家族中苦痛です。現代の医療ではなかなか死ねませんから、10年以上もそういう状態が続くかもしれません。

どうですか?

それに対し、自分に投資し、健康な人はどうなりますか? 毎日元気に働けて、収入が入ります。精力的に働き、自分に投資して勉強しているので、昇進します。すると、収入は上がります。精神的にも満たされていて、家族も仲良く、何の心配もありません。ますます、精力的に働けます。定年が来ても、健康で元気ですから、仕事もできます。

あなたは、どちらがいいですか?


私は、食べるものには気をつけて、少々高価でもいいものを買います。
健康食品にも毎月かなりお金を使います。
自分の本代も毎月かなりありますし、子どもの教育費にも結構お金を使っています。

自分や家族の健康と能力の向上に投資しているつもりです。

その分、家電製品などにはお金を使いません。洗濯機はもう15年使っていますし、電子レンジなどはリサイクルショップで購入しました。洋服も、リサイクルショップを中心に購入しています。
お金を、目に見えない「投資」に使っていくように心がけています。


植物ミネラルの話をするときに、「お金がかかるから・・」といわれることがありますが、とても残念に思います。

確かに安くはありませんが(他社に比べると圧倒的に安いですけど)、それは将来につながる「投資」であり、決して無駄にはならないお金です。
「お金がかかるから・・・」という人は浪費の部分がないかを見直してみて欲しいのです。
また、この低金利の時代、貯蓄してもたいした利益にはなりません。

自分の健康に投資した方が、働ける期間が長くなって、お金につながります。
健康であれば、将来もお金はなんとかなるものです。


銀行に貯蓄するより、自分の中に投資した方がいい、と私は考えます。


今日は、お金について、かなり踏み込んだ意見を書いてみました。
でも、今の日本の教育では、お金の使い方を教える場所はなく、お金を漠然と使っている人が多いと思うのです。数年前までの私がそうでしたから。

私はお金の使い方を意識して、お金を本当に価値のある「自己投資」に使うようにしてから、どんどんお金が上手く廻るようになりました。
だからこそ、皆さんにも、

ぜひ、大事な自分に「投資」してください

と伝えたいのです。健康にお金を使い、自分の能力を上げるためにいい本を読み、自分より優れた人と過ごしてください。

「お金は天下の廻り物」、いい廻り方をさせていきましょう。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。
読んでくださる皆様に、少しでもお役に立つことを願っています。

今日も素敵な一日になりますように。
posted by わたさん at 13:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。