2008年07月29日

顔のツヤ

先日、齋藤一人さんのお弟子さんが書かれた本を読みました。舛岡はなえさんが書かれた「齋藤一人15分間ハッピー」という本です。書いてある内容はとても簡単なんですが、幸せになるためのコツが満載の本です。

齋藤一人さんは、銀座まるかん「スリムドカン」などで有名な方ですが、人生の成功者になるコツをご本人だけでなくお弟子さんを通じてもいろいろと教えてくださっています。

実は、私が齋藤一人さんに関連する本に出会ったのが、ちょうどこのエンジェビティと出会った時期に一致するんです。不思議な偶然だと思っていたのですが、偶然は必然だったんだとこの頃思います。

齋藤一人さんの教えの一番最初が、

「顔にツヤがある人は、絶対幸せになります。不幸でいられないんです。」

なのです。幸せになりたい人は、まず「顔のツヤ」を出さないといけないらしいのです。


顔って、いつもは自分で見えませんよね。でも、人からはいつも見られています。だから、顔は人のためにあるんです。人のための顔なんです。あなたは、ツヤのある顔の人とツヤのない顔の人のどちらと仲良くしたいですか? よほどの変わった人でない限り、ツヤのある顔の人と仲良くしたいですよね。つまり、自分の顔をツヤツヤにすれば、自然と仲良くしたいと思ってくれる人が集まってくるんです。
 
幸せやお金は、誰が運んできてくれるのでしょうか? 現実の世界で、お金をくれるのは“人”だし、幸せを運んでくれるのも“人”なんです。幸せになりたい人は、“人”が寄ってくるような人にならなければいけません。そのための簡単な方法が、「顔にツヤを出す」ということなんです。

それでは、顔のツヤはどうやれば出るのでしょうか。私が、齋藤一人さんの本を読んで、顔にツヤを出したい、と思っていた頃、エンジェビティの商品に出会いました

それまで、顔のツヤには身体全体の健康が必要だ、と漠然と思っていましたが、
今は顔のツヤにはいい“油”が必須だと確信しています。

齋藤一人さんも、顔にツヤを出すのにオイルを用いられるそうですが、いい油をキチンと摂ると放っておいても顔にツヤが出てきます。そして、放っておいても人が寄ってきて幸せになっていくんです。


エンジェビティの商品といいましたが、当時は個人輸入の製品しかなくて、EFAplusから試しました。

必須脂肪酸の使い方の基本は「ただ飲む」ことですが、肌にも良いので、「肌に直接塗る」ことも可能です。しかし、製品によって、塗ってもいいものと塗らない方がいいものもあると自分で体験してしまいました!(笑)
最初は、私も一番魚の油の成分が多いEFAプラスのソフトカプセルの中身を塗ってみましたが、洋服にまで魚臭い臭いが移って大変でした(笑)。その次に、子供が大きなカプセルが飲みにくいので、皮膚から吸収させようと思い、EFA180でしばらく塗っていましたが、乾燥気味だった子どもたちの肌が、見違えるようにしっとりツルツルになったんです。

最近では、エンジェビティのオメガMXができて助かっています。入手しやすく飲みやすいです。小さいカプセルなので、より飲みやすくなっています。

でも、私の子どものように、小さいカプセルでも飲みにくい人もいます。それで、社長に相談したのですが、良いアイディアを教えていただきました。それは、カプセルの液体を飲む事だそうです。

ソフトカプセルはゼラチンでできていますので、ハサミであけても、そのまま噛んで、カプセルまで食べてもいいそうです。(社長の小さい甥っ子さんたちはそうしているらしいです)。又、オメガMXは高品質の魚の油にレモンのオイルも少し入っているので、美味しく作られています。魚の風味が大丈夫という人には個人輸入のEFA180の中身を飲むのもいいですし、魚の油を利用していないマルチEFAという個人輸入の商品でもいいそうです。

我が家では、マルチEFAを皮膚に塗って吸収させています。これは、臭いが全然気にならず、皮膚に塗った後すぐ吸収されています。私も、入浴後を全身に薄く塗るのですが、ひじもかかともツルツルになっています。
身体の中からオメガMXを、身体の外からマルチEFAを、と内と外からいい油を摂ることで、私はツヤツヤの顔を手に入れることができています。そして、齋藤一人さんの教えどおり、どんどん幸せになっていっています。

 人は皆、幸せになるために生まれてきています。
そのやり方を間違えなければ、誰でも簡単に幸せになれます。
そのために、とにかく顔のツヤを出してみてください。だまされたと思って、いい油を摂ってツヤを出してみてください。きっとすぐにいいことが起こりますよ。

 今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
 あなたが、いいお顔で幸せになることを、心から願っています。

 あなたに、すべてのよきことがなだれのごとく起きますように。
posted by わたさん at 10:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

エンジェビティが繋ぐ素敵な出会い

先日、エンジェビティの農業顧問である圓山源作さんにお会いしました。
九州でのセミナー中に、エンジェビティ社に無理をいって、時間を作っていただきました。セミナー終了後だというのに、微塵も疲れをみせず、こぼれんばかりの笑顔で握手をしていただきました。その後2時間程度お話を伺ったのですが、圓山さんのエネルギーをたくさんいただいて帰ってきました。


圓山さんは、九死に一生を得るようなご病気をされたそうで、それがきっかけでエンジェビティ社とご縁ができたそうです。大変なご病気で、普通であれば笑って話せる病気ではないのですが、圓山さんは終始笑顔で、

「この病気になったからこそ、健康に気を使うようになったし、こうしてエンジェビティとのご縁もできた。
この病気に本当に感謝しているんです。」


とおっしゃいました。私は、この言葉に本当に感動しました。


毎日の生活の中で、いろいろな出来事がありますね。誰からみてもいいこともあれば、そうでないこともあります。でも、その出来事の解釈の中に、必ず自分の考えが入っているんです。出来事は事実でしかなく、それはとても中立的なことで、それをいいことと考えるか悪いことと考えるかは、その人の日々の考え方なんです。


例えば、交通事故に遭ったとします。たいていの人は、「災難だった。」と考えるでしょう。でも、交通事故を学びの出来事として捉える人がいるんです。「自分の運転が荒かったんだな。これを神様が教えてくれたんだな。これくらいの怪我ですんで、ラッキーだった。」とか、「この頃ちょっと疲れていたから、神様が休みをくださったんだな。ゆっくり休めて、ありがたいな。これを機会に、ちょっと本を読んでみようかな。」とか、とにかく何でもありがたいこととして感謝できる人がいるんです。


同じ交通事故です。事故という事実は何にも違いはありません。違うのは、その人の考え方です。解釈の仕方です。一見、辛いこと、悲しいこと、苦しいことは、世の中にたくさんあります。でも、実はそれは単なる事実でしかなく、それを辛いこととしてどっぷり悲観して生きるか、それを次への学びと考え感謝して受け入れるかで、全く違ってくるのです。


エンジェビティで知り合う人々は、みなとても明るく前向きで、素敵な方ばかりです。会話の中で、自然と「ありがたい、自分は恵まれている」という言葉が出てきます。

圓山さんのお話は、本当にそればかりでした。そして「何か世の中のお役に立ちたい」としきりにおっしゃっていました。すごい方だと思いませんか。


私も、こうしてブログを書いていますが、まだまだ学びの途中です。
圓山さんのような方からいいエネルギーを一杯いただいて、それを周りに伝えていい世界をつくりたいです。
エンジェビティ社のミネラルは、その潤滑油だと思います。
エンジェビティ社に関わって、素敵な人の輪を一緒に作りましょう。

想いは絶対につながります。


「世の中のために」


これがワラック博士の想いです。
エンジェビティとブレイク社長の想いです。
圓山さんの想いです。
そして、私も微力ながらそう想っています。
同じ想いを持った人々をもっとつなげましょう。
きっと、幸せな世の中になります。

あなたのその想いを、エンジェビティ社につなげてください。
大きな輪を作っていきましょう。



今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
素敵な日々をお過ごしください。


posted by わたさん at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

絵本の読み聞かせ


今日は、子育てについて書いてみます。

私の子育ては、「時間は短く、密度は濃く」が目標です。
私はとても欲張りなので、自分の時間もたくさん欲しいんです。だから、「時間は短く」です。でも、それでは子どもとの触れ合いが足りない恐れがあるので、「密度は濃く」なんです。そのために最もいいと思う方法が、「絵本の読み聞かせ」なんです。

3人の子どもを育てて、絵本がたくさんある環境が自然とできています。我が家の絵本は、常時100冊くらいはあります。絵本が毎月届く子どものための本屋さんの会員になっていて、毎月2-3冊ずつ届くので、増え続ける一方です。時々人にあげたりするのですが、やっぱり増える方が早いです。おかげで、読む本には事欠きません。

上の二人はもう小学生で、自分で好きな本を読んでいますが、一番下の息子は、今「絵本、読んで」の時期で、毎日いろいろな本を持って私のところにやってきます。3歳ですが、その日によって持ってくる本が違いますし、上の二人とは好みも違います。好きな本はどんなに長くてもじっと聴いていますし、興味がない本はすぐに別の本に取り替えたりします。3歳なりに自分の好みがあって、とても面白いです。

子どもの絵本を、皆さんは読んだことがありますか? 

この頃読んだことがないなあ、と思う方は、ぜひ本屋さんで知り合いへのプレゼントを選ぶようなふりをして、絵本をめくってみてください。色が美しくて、夢があって、とても楽しいものが多いです。時には、大人が自分を振り返りたくなるような、深い内容のものもあります。

私の子ども3人とも大好きな絵本のひとつに、

「かみさまのおくりもの」

という本があります。神様が生まれたばかりのあかちゃんにそれぞれ贈り物をするんですが、その贈り物は、「ちからもち」とか、「うたがすき」とか、人間の本質的な贈り物なんです。それを読むとき、私はいつも、子どもたちのそれぞれに神様が下さった贈り物はなんだろう? と考えます。そして、点数では表せない子どもの長所に思いを馳せることができるんです。とても素敵な絵本ですよね。

絵本を通していろいろなことを考えながら子どもとゆっくり過ごす時間は、私にとって至福の時です。多分、私だけでなく、子どもを持った親であれば必ず幸せを感じる時間ではないかと思うんです。
忙しい現代では、日々の生活に追われ、ゆっくりとした時間を過ごしていない方が多いのではないか、と思います。その中で、子どもがいらっしゃる方は、1日ほんの10分、時間が止まったようなゆっくりとした時間を子どもとつくってみませんか。


今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
あなたに、素敵なことがたくさんおきますように。
posted by わたさん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

梅雨なのに乾燥肌

今日は、美容の話です。


かなり前になりますが、エンジェビティ社のブレイク社長のセミナーでの出来事です。社長が、
「日本は湿気が多いのに、乾燥肌の人が多いんですよね。不思議だと思いませんか?」
とみんなに尋ねました。私自身は日本以外に住んだことがないので、全く疑問に思ったことがない質問でした。皆さんは、考えたことがありますか?


 今は6月、梅雨の季節ですね。洗濯物がなかなか乾かなくて、主婦の皆さんは、ストレスを感じる時期ではないでしょうか。でも、全身を見てみると、ひじやかかとがガサガサしている、とか、乾燥が原因の小じわがたくさん、とか、皮膚は乾燥気味ですね。洗濯物が乾かない雨の日でも、皮膚は乾いてしまうんです。変だとは思いませんか?

 「乾燥肌の原因は、水分不足です。だから、化粧水をたっぷりつけてくださいね。」と、化粧品売り場のお姉さんたちは、口をそろえて化粧水を勧めます。でも、湿気の多い日本で乾燥肌の原因は、“油”なんです。

 人間の身体の約3分の2は水分です。細胞が若さを保つために、水分は不可欠です。細胞は、細胞内の水分を逃がさないように、細胞膜という油の膜を持っています。現代の日本人は、この油の膜がキチンと機能していないので、細胞が乾燥するんです。



 必須脂肪酸の話で、オメガ3とかオメガ6とか、聞いたことがありますか? 脂肪酸の構造で、炭素の不飽和結合の場所が端から3番目にあるか、6番目にあるか、ということでの分類です。

難しいことはさておき、現代の食生活で油のアンバランスが起きている、ということなんです。オメガ3の代表は、魚の油に多く含まれているDHAやEPA、オメガ6の代表リノール酸は、大豆油、コーン油、ひまわり油、紅花油などに含まれます。


現代の食生活では、オメガ6が圧倒的に多いんです。オメガ6がオメガ3より圧倒的に多くなると、アレルギー関連の疾患にかかりやすくなります。
ですから、不足している「オメガ3」の油を積極的に摂る必要があるのです。


 我が家は、私を筆頭にアレルギー家族でした。私と長女は喘息でしたし、次女はアトピーでした。長男は、卵アレルギーでした。全部過去形です。
オメガ3の油不足でアレルギーになる、と知ったので、オメガ3がたくさん含まれている商品を試したんです。ソフトカプセルだったので、子どもは飲めません。それで、私は、中身を皮膚に塗ることにしました。すると、本当にアレルギーが出ないんです!! 私は、吸入器を手放せなかったくらいしょっちゅう発作がでていたのですが、それが嘘のようで、もう1年半くらいは吸入器不要の状態です。子どもたちも、いつ小児科にかかったかしら? という状態です。

 喘息のことも大きな変化ですが、さらによいことに、油に注意を向けてから、肌にも変化が現れました。肌がしっとりもちもちして、目の周りや口の周りの小じわが減りました。このブログの写真は1年位前の写真ですが、そのときより確実にしわが減っています(笑)。ミネラルを十分摂って、油も摂れば、皮膚は若返ります。
最近、いろいろな人から「きれいになった」といわれて大喜びしている私ですが、その秘訣は“ミネラルと油”だと思っています。


 皮膚が乾燥している、ということは、体中の細胞が乾燥している、ということです。細胞の乾燥イコール老化です。いい油をとって、細胞膜を丈夫にして、全身の細胞をしっとりさせましょう。


魚の油がいいと分かっていても、魚をたくさん食べるのは大変ですから、わたしがお勧めしたいのは、良質の油を使ったサプリメントです。

サプリメントの形で、たくさんの人が飲んだり、皮膚に塗ったりしてくれたら、アレルギー疾患は減り、若々しい人が増えると思っています。
今度、私の愛用しているエンジェビティ社のサプリメントも紹介したいと思います。


 いい油で、つやつやしたいいお顔の人が、どんどん増えますように。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
あなたにとって、素敵な一日でありますように。
posted by わたさん at 14:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。