2009年03月24日

薬は毒!?

病院に勤めていると、
飲んでいる薬が10種類を超える患者さんをよく見かけます。
しかも、その薬を何年にもわたって飲み続けている患者さんです。
お医者さんが処方する薬だから、
と安心して飲んでいるんでしょう。
でも、それでいいのでしょうか。

私は薬剤師の免許も持っていますから、
薬についても全くの素人ではありません。
その私があえていいたいことですが、

『薬は毒』なんです。

睡眠薬を多量に飲むと自殺できます。
筋弛緩剤を間違えて投与されて患者さんが死んだ事故もありましたよね。
西洋医学の薬は、体の機能をむりやり変えるものがほとんどですから、量を間違えると命に関わります。
少量でも長期的に使用すると体の中のバランスを崩してしまうんです。

西洋医学の薬がすべて悪いとはいいません。
急激に起こった変化に体が対応できないとき、
薬で必要な反応を無理やり起こして治すことができます。
急に高熱が出たときに使う解熱剤などは、
体力を消耗しないようにするという意味では効果的です。

でも、基本的に西洋医学は急性の病気には強いのですが、
慢性の病気については弱いのです。


動脈硬化で血管の弾力がなくなったりして高血圧になっている人に、血圧をむりやり下げる薬を使いますが、根本的な動脈硬化を治してはいないので、今度は心筋梗塞や脳梗塞になりやすくなったりします。
薬で無理やり体を改造しても、いいことはひとつもないんです。
薬をたくさん飲んでいる人に、幸せそうな人はいませんよね。

病気をいっぱい持っているから、というかもしれませんが、
たくさんの薬がさらに体の機能のバランスを崩し、
病気を招いている可能性があるんです。
『老人の場合、薬を止めるとたいてい元気になる』
と言う先生もいるくらいです。

急に起こった病気ならともかく、
薬を何年も飲み続けるようなことは、
基本的には体によくありません。

人間も動物の1種ですから、自然治癒力があるんです。
薬は、その治癒力を妨害していることが多いんです。


自然治癒力を高めるためには、体に有害なものは避け、
体にいいことをしなければなりません。
薬をたくさん飲んでいる人は、薬を飲んでいることに安心して、
自分から体にいいことをしている人は少ないです。
でも、薬は長期的に飲むと体に有害なのです。
薬をたくさん飲んでいる人は、
普通の人よりもっと体にいいことをしないといけないんです。

体にいいこと、というと、
きちんとした食事と適度な運動、
という答えが返ってきますが、

きちんとした食事ってどんな食事? 適度な運動って何?

と聴くと、ほとんどの人がしどろもどろになってしまいます。
でも、エンジェビティ社に縁があった皆様は、
『きちんとした食事』について知っていますよね。
ミネラルをはじめとする必須栄養素を正しく摂取すること、
狂った油といわれるトランス脂肪酸(マーガリンやサラダ油、高温に熱した油などです)を避けること、酵素を適度に補給することなど、エンジェビティ社は栄養の最先端の知識を教えています。


エンジェビティ社とのご縁から3年、

現在では我が家は薬が全く必要ではなくなりました。

私は、同年齢の人たちよりずっと健康で若いと思っています。
皆様も正しい食生活で、薬と縁がない生活をしませんか? 

この10年で、家計に占める割合が増加している項目の第1位が医療費、薬代です。
医療に使うお金を、ぜひ正しい食事にかけてほしいと思います。
薬を飲む必要がない健康な体を、自分で作っていきましょう。

今日も読んでくださってありがとうございます。
皆様の健康と幸福を心から祈っています。
posted by わたさん at 13:45| Comment(55) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。