2008年11月06日

身体と心に素敵な種をまき続けましょう

グランド・アカデミーでは、たくさんの素敵な人々に囲まれて、とても幸せな時間を過ごすことができました。
本当に、ありがとうございました。
会場に足を運んでくださった皆様はもとより、応援してくださった方皆様に、心から感謝してお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


素敵な人々との楽しい時間、心の中に温かな記憶としてずっと残りますよね。エンジェビティを通して、そのような時間がどんどん増えていて、本当にありがたいことだと思っています。


この頃、植物性ミネラルの影響で、植物を育てることにも関心が出てきています。将来は、家庭菜園もつくりたいなあ、なんて考えます。

それと関連して、最近、心や身体も、畑や庭と共通しているなあ、と考えるのです。

畑や庭は、いい種と毎日の手入れが必要ですよね。
いい種をまき、手入れが行き届いていると、いい食物やきれいな花ができます。
雑草の種をまき、手入れをしなければ、雑草だらけ(雑草にも有用なものがあることをグランドアカデミーで知りましたが、ここでは無益な雑草と考えてくださいね)の畑や庭になってしまいます。

心や身体も同じだと思うんです。


心の「いい種」は、いい思考のことです。

感謝や希望、明るさといった「陽」のイメージが浮かぶ思考です。


心の「雑草の種」は、不平、不満、心配事、愚痴などの「陰」のイメージの悪い思考のことです。

暗いニュースなども、悪い思考につながります。
一般的な人間は、思考の8−9割は悪い思考をしているそうです。
悪い種ばかりまいて、意識して「心の手入れ(いい思考)」をしない限り、雑草(暗い思考)だらけになり、うつや凶暴性などになって現れてきます。

人格は、思考や行動の集合体ですから、いい人格になりたければ、いい種をまき、手入れをしなければいけません。


身体も同じです。
現代社会では、身体に有害なものがそこら中に溢れています。
悪い種が、そこら中から入ってくるのです。
いい種をまき、悪い種の芽は摘まなければいけません。


「いい種」というのが、身体に必要な『栄養素』やその働きや吸収を助ける『酵素』です。

植物ミネラルをはじめエンジェビティの商品を摂ることは、毎日小さないい種をまいていることになります。
いい種をまき、有害なものをできるだけ減らしていくことで、やがて見事な畑や庭になるのです。
植物の成長がゆっくりであるように、ミネラルの効果も毎日の変化は小さいものです。
でも、いい種をまき続けると健康ないい畑ができるのと同様に、ミネラルを飲み続けると健康な身体になるのです。


私は、幸せに生きたいので、心にも身体にも、いい種をまき続けようと思います。

ミネラルを飲み、不満や愚痴をこぼさず心配せず、毎日を今ある幸せに感謝しています。いい種をまき続けることは少々努力が必要ですが、その少々の努力をせずに幸せになれることはないと思います。
その少々の努力が人生を形作るのだと思うのです。

エンジェビティ社にであって、植物性ミネラルの重要性を伝えてくださっている皆様は、身体にいい種まきを始めている皆様です。
ぜひ、前向きに明るく日々を過ごし、心にもいい種まきをしてください。

心と身体に、生きている限りいい種まきを続けて、どんどん幸せになっていただきたいのです。
皆様の溢れんばかりの幸せを心から願っています。

今日も、読んでくださって、本当にありがとうございます。
このご縁に心から感謝します。
posted by わたさん at 16:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アカデミーでは、大変お世話になりました。いつも、楽しく話しをされる恵子先生のセミナーが楽しみで、いつも元気をいただいてます。

エンジェビティ製品で、しっかり、いい種をまきます

また、福山に来てくださいね!
Posted by スリーM at 2008年11月14日 18:37
スリーMさん

コメントをありがとうございます。

楽しく話ができるのは、楽しそうに聞いてくださる方がいらっしゃるからです。
福山、とても楽しかったですので、また行きたいです。

多分、来年も行けるかな、とは思っていますが・・。

いい種をまいて、どんどん人間を磨いて、お互いにどんどん周りを幸せにしていきましょうね。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by watasan at 2008年12月05日 14:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。